2011年 03月 15日
明日があるなら
f0165255_21452032.jpg


何が辛いって、断水が辛い。



心配してくれて、どうもありがとう!
心配をおかけして、ごめんなさい。
概要の説明をします。

11日の14時46分。
軽い地震が始まり、それがだんだん尋常じゃない揺れ(産まれて初めて経験する規模の揺れ)になり
コーヒーカップのコーヒーが、外にはじけ飛び、
机の引き出しがスッポ抜け、
神棚の榊がぶっとび、サッシが割れんばかりにビリビリと振動し、
地鳴りのようなゴォォォという音と共にとてもとても永い時間、その地震は揺れ続けました。
薪ストーブの煙突が抜け、会社の壁がはがれます。

地震がおさまってすぐ、夫からメールが入りますが、返信しようとしても
接続ができません。
TVを見ると、津波の映像が。
そして、見覚えのある街を次々に飲みこんでいきます。
市場に置いてある箱が浮いているのだと思ったら車だったという
意味のわからない光景がTVモニターに映されていました。

一番大きな揺れがおさまってから10分後ぐらいに、
ものすごい強さの風が吹き、猛吹雪になりました。

すぐに気仙沼に行っている運転手・美里に行っている運転手・
そして自宅へ電話をかけまくりますが、
ぜんっぜん繋がらない。

最初に繋がったのは自宅で、母の安否。フェレの安否を確認。
そして被害状況を聞くと「とてもじゃないけど、寝れる状況じゃないよ」と。
とりあえず生物が大丈夫であればOK!
運転手や、石巻・岩沼の取引先に電話をかけますが、まったく繋がらず、
リダイヤルを押しながら、TVで被害状況を確認します。
その間、余震なのか、本震なのかわからない大きな揺れが何度も何度もありました。
あまりにもずっと揺れが続くので、この世はこれで終わってしまうんだと思いました。

それから、他の地域に行っていた運転手とポツポツ連絡が取れだし、
気仙沼と美里の運転手の無事を確認。
ですが、相変わらず取引先とは全く連絡がとれません。

ずっと連絡待ちや、ネットでの道路の通行止め地点の検索をし…
ひと段落ついた19時に帰宅。
家は、1階は母がだいぶ片付けていてくれたお陰で、まず何とかなる状況。
2階の自室に行ったらば…入れませんでした。
本棚が倒壊して、ありとあらゆるものが散乱。誰かが泡立て器でかき混ぜたんじゃないかと思う程。
障子がすべてボロッボロ。
鉢もすべて落ち、土が部屋中に散乱。
どうしたらいいのかが全くわからない。
とも言ってられないので、お茶漬けをすすってから片付けを開始。
そして朝4時近くに、夫が名古屋から帰って来ます。
(だいたいこの時から、断水。停電はありませんでした。)
被害を確認後、とりあえず日が昇ってからまた作業を始めることにして
仮眠をとります。

目が覚めてすぐ、作業を開始。ほぼ丸一日かかり片づけが完了。
そして、自宅&叔父さん①&叔父さん②の家の落ちた瓦を片付け、
代替えの瓦に差し替えをしたりする作業をしました。


スーパーはいつ営業しているかの情報が全くなく、
水道は依然断水のまま。

ここ福島なら、水道も物流もすぐに回復するだろうと思っていたのが大間違いでした。
水道の復旧予定は18日を「めど」に。
宅急便もきません。
給油もほぼ無理です。
宇佐美・一光など大手石油会社に問い合わせましたが(仕事上)、
ヘタすると1ヶ月ぐらいかかるかも。と…。
スーパーが営業してたりすると、お店から500mとかそういう距離の人の行列ができます。
何でもいいから買えるものは買わないと状態になっています。

これに停電が重なったら…
それに長期間お風呂に入れないというのが、辛い。

避難された方々は、もっともっともっとこの思いが強いと思います。
それを思うと、電気がない、水が出ない、食い物が少ない、ガソリンがないなんて、
贅沢な話です。

今まであったものが無くなる。
遊びに行ったことのある地が無くなる。
シーンとして全くならない電話。
何でみんな一片に電話かけてくるんだろう(怒)と思っていた仕事の忙しさがない。
なんていうんだろう、ものすごい喪失感です。


見通しが立たないのが不安です。
「この日まで頑張れば!!」という、目標がないから。


余震が続いています。
震度6強を経験する前の震度3と、
経験した後の震度3の「家の揺れ」が何か違うような気がする…。

この余震、一生続くような気がしてしょうがありません。
一度揺れだすと5分置き。10分置きぐらい、なんか陣痛みたいなかんじに
ガダガダと揺れます。
震度3~の揺れになると、揺れる前にゴォォォと地鳴りがします。
夜の地鳴りは非常に気味が悪いです。

今回の件で地震に強くなりました。
震度4ぐらいでももう何とも思わなくなった…。これはやばいな。

それに加えて原発です。
実家の家族からは、原発やばいんだろう早く避難しなくていいのか。と連絡がきます。
福島市にまで原発くるんだったら、もうどこに居たって同じでしょう。
やばいぞーって言われたら、押し入れにでも隠れて、それでダメだったら諦めます。
だってそれっきゃないでしょう…。
放射能を浴びたとして、それを洗い流す水がないんだから。


岩手沖・福島沖・三陸沖・茨城沖・中越そして原発。火力の爆発。
もう神の逆鱗に触れてしまったとしか…例えようがないんじゃないのか…
神様なんて信じてないけども。

相馬方面へ向かう国道が家のすぐ近くを走っていますが、
緊急車両が次々に向かって行きます。
サイレンの音が頻繁に聞こえ、
ヘリが上空を何度も何度も飛んで行き、
東北道を見れば、赤い回転灯を回した緊急車両の海です。

沿岸部のみんな!がんばって!!!



それと、訪問が・・・チト滞るカモデス。
なんか、現在のこの生活、すごく疲れるんです…ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
[PR]

by wanimayo | 2011-03-15 00:00 | 自然色


<< 立      震災 >>